MENU

自己破産しない方法で借金を完済できる

自己破産しない方法で借金を返済する方法があります。

 

借金が返済できずに頭を抱えている人でも、自己破産というのは借金をすべて無くすことが出来る反面、大きな財産を失ってしまうという大きなリスクがあります。

 

ほとんとの財産を失うデメリットというのは、家や土地といった不動産から車や保険といった今後の生活に支障をきたすものまで含まれる可能性があります。

 

借金の金額が何千万という、一生働いても絶対に完済出来ない金額を越えた場合であれば、自己破産をするメリットはあるかもしれません。

 

自己破産しない方法

 

自己破産しない方法で自己破産以外の方法とは

 

自己破産の開始決定を行い、手続きをすると確かに借金はチャラになります。それとともに財産も精算されます。

 

そもそも借金というのは貸す側からすると「返済できる見込みがあったので貸した」わけですよね。

 

つまり借りている金額というのは本来稼げるはずの金額なのです。返済できる見込みがあるから借りれたわけです。

 

働けば返せるという人ならば、月々の支払い額を安くすれば完済に向けて返済できるのではないでしょうか?

 

 

自己破産しない方法とは返済する金額を減らすこと

 

債務整理というのは借金を減額することです。これは自己破産以外にも選択肢があります。

 

もし仕事をして収入が継続的に見込めるのであれば個人再生(法人の場合民事再生)という方法もあります。これは借金の総額を1/3程度に縮小することが可能です。

 

1/3にした金額を3年で返済するのです。そうすることで借金は完済したことになります。住宅ローンなどは対象外にすることができるのです。ということは対象外にしたものはそのまま持ち続けることが可能なのです。

 

 

自己破産しない方法で利用者が多いもう一つの方法

 

債務整理で一番多くの人が利用するのが任意整理です。これは利息分だけをカットして元金だけを返済することです。

 

この大きなメリットは裁判所を通さないことです。裁判所を通さないということは手続きにかかる費用が安く済ませる事が可能です。どうするかというと弁護士が債権者に直接交渉を行うという方法です。

 

 

自己破産しない方法を行うには弁護士を紹介してもらう

 

もし借金(債務額)が140万円以下で債務整理を考えているのであれば、認定司法書士に依頼することもできます。この場合任意整理をすることが一般的です。

 

弁護士よりも安く依頼することが出来るのが認定司法書士です。その代わり弁護士よりも取り扱いできる仕事の範囲が小さい(少ない)為、金額が大きい場合や裁判所を通す場合は非常に面倒でメリットはありません。

 

その場合は弁護士に依頼することがメリットが大きいので、依頼する先をよく考えてください。

 

 

自己破産しない方法を開始する手順とは

 

まずは弁護士を見つけるところから始めます。弁護士探しは債務整理に強くないと意味がありません。

 

債務整理専門だったり実績の高い弁護士は結果的に手続きのための時間や、的確なアドバイスなどをくれるのでとても頼りに出来ます。

 

債務整理の手続の際にムダな時間・動きが少ないため費用的にも安くなるのです。適当な弁護士に相談をせずに債務整理専門で信頼できる弁護士探しはネットでやることが一番安心です。

 

こちらのサイトでは自己破産やるべきか、もっといい方法がないかといった債務整理についての解説や他人に知られない債務整理方法についてもわかりやすく説明してあります。

 

自己破産のデメリットを知っておくにはわかりやすいサイトです。

 

自己破産したくない

 

 

自己破産しない方法はまず借金状況を相談することから

 

まずはいくら借りていて、何社から借りているといった状況と現在の収入など、債務整理に関して返済をする計画をたてる必要があります。

 

これを基に綿密な計画を立てたうえで債権者に交渉を行ったり、裁判所への手続きを行うことになります。

 

まずは本当に債務整理をしてメリットがあるのか、現実的に返済できる月々払いに出来るのかといった前向きな検討をするために相談をしてみてください。

 

自己破産しない方法は弁護士探しが重要

 

弁護士探しをする際も、無料で相談することが出来る弁護士を見つけることが重要です。相談料のかかる弁護士の方が良いということはありません。

 

無料で相談に乗ってくれて、的確なアドバイスをくれる弁護士を探すところからはじめましょう。

 

こちらで無料で紹介しています。
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

無料相談できる弁護士を3社から選べる街角法律相談所